「ほっ」と。キャンペーン


ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

議論を戦わせよう、郵政民営化

とうとうホリエモンまで突然広島で立候補しだしたりして、「何だかなあ」という選挙になってきた。
これが選挙の最大の争点かどうかは別にして、少なくとも一つの大きな判断材料ではある「郵政民営化」。しかし、現段階では私自身、正直言って賛否を決めかねている。
賛成派は、官のお金が民に流れるといい、反対派はそうでなく、むしろ郵便事業にとってマイナス面が多いと言う。また、アメリカ資本が濡れ手に粟を狙って舌なめずりしているという意見まである。このような大きな問題では議論百出するのは当然と言えるが、その時に、特定の意見あるいはそれを支持する論調しか耳に入らない状況というのが一番まずい。何よりも求められるのは、賛成派と反対派による討論だ。国会の論争は別として、これだけ問題になっているにもかかわらず、今まで双方相まみえての議論がないのは不思議なことだ。今朝のフジテレビの番組でホリエモンと亀井静香が少しだけやり合っていたが、政治家亀井静香と素人ホリエモンでは勝負にならない。両者の「対決」の後で、猪瀬直樹氏が郵政民営化に賛同するコメントをしていたが、小泉首相寄りの彼に単独でコメントさせるような番組進行は最もいけない。分かってやっているのなら、中立性という立場から問題だし、分かっていないのなら、この番組を構成した人間はボンクラだ。こういった問題を扱う番組を作る資格はない。
おそらく、賛成派と反対派による討論は選挙期間中に一度は行われると思うが、これだけ問題になっているのだから、単なる包括的な討論の中の一つの論点ではなく、郵政民営化それだけを問題にした討論をやって欲しい。双方に論客は多いので、どちらかが他方を論破することはあり得ないだろうが、少なくとも有権者に双方の主張と問題点を明らかにすることは出来る。後は有権者の判断次第だ。
「今時珍しく、信念を貫く人なので応援する」とかいうアホな理由で、選挙結果が決まるのだけは願い下げたいものである。
[PR]
by hiroi22 | 2005-08-20 21:02 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧