ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Sonyは最近どうなってるの?

相変わらずiTunes Music Storeにはハマっている。3600円も使ってしまった。もうちょっと控えよう。
このiTMSには15の国内のレーベルが現在楽曲を提供しているそうだが、もちろん提供していないところもある。大手ではソニー・ミュージック・エンターテイメントがそうである。この理由を理解することは出来る。iTMSはAppleのものである。ソニーには、今ネットウォークマンというiPod追撃のライバル製品があるのだから、iPodを100%利するようなものに子会社が協力するわけにはいかないというのだろう。また、ソニー・ミュージック・エンターテイメント自身が音楽のネット配信を行っているという事情もある。
だけど、そんなことでよいのかなぁ。了見が狭すぎるし、これから先の流れについての検討が不十分ではないのか?iTMSが勝ち組となり、日本の音楽市場を席巻したらどうするつもりなのだろう。これに100%対抗する戦略を持っているのだろうか。
もう一つ、音楽という文化・芸術にかかわることなのだから、利潤の追求の論理だけではなく、良質の音楽を広く、安価に提供するという視点で考えることも必要なのではないのか。
最近、昔ほどSonyというブランドに魅力を感じない。Sonyというのは電機メーカーとしては最大手ではないものの、いつも革新的なイメージがあった。どうもそのイメージに翳りが出ているような気がする。組織が肥大化して機能不全になっている部分があるのではないのかな?
例えば、今回の音楽配信にしても、本来のソニーならばもっと積極的にコミットしているのだろうと思う。
[PR]
by hiroi22 | 2005-08-07 01:11 | Macintosh

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧