ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

iTunes Music Storeは懐かしの歌の宝庫だった!

iTunes Music Store (iTMS)を早速利用してみた。
その感想;1曲150円というのは軽く考えてしまう。ついつい購入ボタンを押してしまいがちである。しかし、これは曲者だ。気がつくと思わぬ出費に気付くことになる。というわけで、
ご利用は計画的に。
上にも書いたようにほとんどの曲は150円で、アルバムは1500円である。稀に、7曲ぐらいしか入っていないようなアルバムでも、1500円の値段が付けられているものもある。1曲ずつ買った方が安いのである。また、iTMSでは、どの曲も30秒試聴できる。ほとんどの曲はその30秒を有効に使うために、「聴かせどころ」を流しているが、中には漫然とイントロを30秒を聞かせるという「何を考えているんだ?」みたいな曲もある。
d0007533_2333145.jpg始まったばかりで、色々?な点はあるけれど、iTMSで個人的に何が気に入ったかというと、「懐かしの名曲」が聴けることだ。
これは、おじさんにはたまらない。感涙ものである。左の表は、そのごくごく一部である。これらのアーティストのどれだけご存知だろうか?30秒とはいえ、これらの歌手の曲がタダで聴けるのだ。私は早速、長年の愛唱歌であった、高石友也の「思い出の赤いヤッケ」を買ってしまいました。(^_^)この他にも、「渚ゆう子」とか「欧陽菲菲」とか、知っているだけで年がバレるような歌手がぞろぞろ。
こういった、懐かしの歌手にアクセスするには、最初の画面で「ブラウズ」を選び、出てきたジャンルの表の最下部の、「歌謡曲」または「演歌」を選べばよい。ただし、歌謡曲とか演歌とかいうジャンルの区別はいい加減で、例えば小川知子や庄野真代も演歌に入っている。
私はこういったスタイルのミュージックストアを利用するのはiTMSが初めてなので、既に営業している他のミュージックストアとの比較は出来ない。しかし、このiTMSを利用した限りでは、これは確実に音楽に対するスタイルを変えるだろうと思う。何しろ、気に入った曲はたちどころに手に入る。アルバムにしても、ものの10分もかからずに全曲手に入るのだ。しかも、iPodに転送すれば、翌日の通勤電車の中でそれを聴くこともできる。これだけでも、すごいと思っていたら、
アップル、iTunes Music Storeでもアフィリエイトを開始へ
何のことかと思ったら;
アップルコンピュータは、音楽配信サービスの「iTunes Music Store(iTMS)」において、アフィリエイトプログラム「iTunesアフィリエイトプログラム」を開始する。ユーザーが自分のサイトなどでiTMSの楽曲を紹介して、そこのリンクから楽曲が購入された場合、購入金額の4%が紹介料として支払われる。

ということらしい。「音楽の普及」とか「音楽の文化」とかいうものの中にはこういう方向もあってよいのではないかという気がする。
スティーブ・ジョブズはかつて、当時ペプシコーラの重役であったジョン・スカリーをAppleに迎え入れる時に、
「あなたは一生砂糖水を売って終わるつもりか。一緒に世界を変えてみないか」
という殺し文句を言ったそうだが、その精神は今も盛んなようである。大した男だ。
[PR]
by hiroi22 | 2005-08-06 00:21 | Macintosh

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧