ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

野球の解説者の存在意義

野球ファンなら一度は疑問に思ったことでしょうけど、TVの野球解説者という方々は何のためにあそこでしゃべっているのでしょう。役割はもちろん、野球の「解説」をなさることになっていますが、残念ながらとてもそうは思えない方々が多いのです。ただし、ここで私は野球の「解説」というのは広い意味に捉えています。野球の技術的な事柄や戦術の解説だけでなく、例えば選手個々の情報や歴史的なことも含めたデータなどについて述べたりするのも立派な解説と見なしています。
こういった真っ当な解説をなさる方もいます。けれども、私の見る限り、アナウンサーの言うことに相づちを打つ程度か、もしくはその場の思いつきをしゃべるだけの「解説者」が多いと思います。
誰が言い出したか、根拠のない「解説」を何度もしたり顔にしゃべる人がいます;
(ポテンヒットを見て)
「ああいった打ち損なったあたりでも、あそこまで飛んでヒットになるのは、打者が思い切りスウィングしているからなんです。」
--ただ単に飛んだ所が良かっただけでしょ?
(ピンチに強打者を迎えながらも、彼を凡打に打ち取ったピッチャーに対して)
「強気のピッチングをすれば押さえられるんです。」
--一体何を根拠にそういうことを言うのか?それに打者も強気でしたけど...

アテネオリンピックの日本代表監督代理を務めた人は特にこういう傾向が強いし、また成績不振でその責任が取りざたされている読売の監督も、解説者時代もあまり褒められた物ではなかったと思います。解説者の人は、将来監督なりコーチといった指導者になりたいと願っている人が多いようですが、解説者として真っ当でなければ指導者としても成功するのは難しいのではないでしょうか。
スポーツ、勝負事なので「精神性」あるいは「モメンタム」と「技術」、「戦術・合理性」が勝敗を分ける重要な要素であることは間違いないのですが、過度の精神論、まったく合理性のない分析を振り回すようでは、その「解説」の存在意義はないと思います。
[PR]
by hiroi22 | 2005-07-26 00:06 | ずっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧