ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

野茂、今回は本当にピンチだ

大リーグ、デビルレイズの野茂が戦力外通告を出された。
野茂に戦力外通告 「日本球界復帰はない」
今後は、「他球団からのトレード、あるいは獲得の申し込みを待ち」、いずれの申し込みもない場合は、「マイナーと契約するか、自由契約となって自由に移籍交渉をするかの選択」になる。
最近の野茂の投球を見ていると、今回の戦力外通告も致し方ない。球威、球の切れともに格段に落ち、大量失点を許して早々と降板するゲームが続いている。これでは、いくら野茂びいきの監督といえども先発ローテーションをまかすことはできない。ビジネスライクな大リーグのフロントなら今回の処置は当然と言える。
野茂が日米通算200勝の偉業を達成した時に書いたのだが、野茂自身もそろそろ限界を感じているのではないかと思う。シーズンの打率であるとか奪三振の記録などは、その時々の記録であるから達成感が強い。一方、今回の通算記録というものは仕事を続けていく過程で出来る記録である。だから、もし自分の限界というものがまだまだ先であるという認識ならば、通算記録達成については–もちろん偉大だけれど–本人はそれほど意識しないで、達成すればすぐに次に向かって気持ちを切り替えるはずだ。事実、野茂もこれまではそういう態度であったと思う。だが、日米通算200勝の時の野茂のコメントはこれまでになくこの記録を意識していたように聞こえた。だから、彼自身そろそろ終点を感じたのではないかと思ったのだ。
いずれにしろ、またまた彼の野球人生の重大局面を迎えたわけだ。野茂についての賛美は惜しまないし、復活を望んでやまないが、今回は相当難しいと見ている。
今はただ、私のつまらない予想を吹き飛ばしてくれることを願っている。
[PR]
by hiroi22 | 2005-07-17 12:48 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧