ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

面白いライブドアのホームページ

私はエキサイトのブログを使っているのだが、その商売敵とも言うべきライブドアのホームページも最近見るようになった。そこで面白い発見をした。ニュース欄である。
エキサイトにしろ、ヤフーにしろホームページにはおおむねニュース欄があり、国内外のスポットニュースが読めるようになっている。そのニュースの配信元はだいたい大手新聞社や通信社である。ライブドアのニュースはひと味違うのである。なんとあの日本共産党の機関誌「しんぶん赤旗」が読めるのである!
初めて見た時はビックリした。野党の機関紙であるから、当然政府に対する舌鋒は鋭い。例えば、こんな感じである。ライブドアのニュース欄は、その一方でスポーツ紙系の芸能・噂話といった柔らかい記事もある(むしろこっちが主流だが)。こういう何でもありのごった煮系は私は好きである。
ライブドアといえば、昨年のプロ野球の新球団設立問題や日本放送の買収など話題を提供しているが、何故かご老人達には受けが良くないようである。ホームページで共産党の機関紙の記事を載せる、そのことだけでその理由を垣間みたような気がする。
詳しくは分からないけれど、きちんと掲載料(?)を払ってくれるのだから、共産党であれ日刊ゲンダイであれ差別はしないということなのだろう。こういう姿勢が、「金で何でも解決する。」または「無定見だ。」と受け取られて、一部の人の反感を買っているのかもしれない。しかし、この資本主義の原点みたいな原理で動いているライブドアで、共産党の機関紙の記事が読めるのだから面白いのである。
インターネットのようなメディアでは、変な自己規制で言いたいことも言えないような状況を作るのはよくないのかもしれない。それは結局は権力側をサポートする方に陥ってしまう、そんな気がする。
[PR]
by hiroi22 | 2005-07-17 01:58 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧