ボーッと何かを・・・ 日々の考えの備忘録


by hiroi22

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ほれてしまいます

今朝の通勤電車でのお話。
今日も雨である。おまけに人身事故による影響で、電車はいつもより混んでいる。濡れた傘を持っておしくらまんじゅう状態だった。駅に止まって、また人がどっと押し寄せてきた。その中に、ごっついおっさん(といっても30そこそこか)が、その太い腕に小さな女の子を抱えて乗車してきた。奥さんらしい女性も一緒だ。そのおっさんが私のそばにやってきた。ごっつい体なのでそばにくるだけで暑い。しかも汗臭い。
「これはたまらん。」
と遠くに逃げたのだが、そのおっさんと女の子も人に押されて私の後について来る。
電車が動き出した。私の背中には、おっさんの生暖かい腕がへばりつき、お尻には女の子のサンダル履きの足があり、それがときどきくねくねと動いている。車内はむっとした湿気を含んだ空気が淀んでいた。この状態が次の駅まであと10分続くのだ。
最悪である。
私の不快指数はどんどん上がっていった。車内の人も、すし詰め状態の不快さに皆一様にむずかしい顔をして黙って乗っている。私は
「どうしてこんなに混んでる時間に子供連れで乗ってくるのだ。もう少し遅らせて乗って来るべきだろう。今日は朝からツイてない。」
と独り心の中で毒づいていた。



するとそのとき、私の後から
「大変ですね。(その子も)ちょっと機嫌が悪いかな?うふふ」
という若い女性の声がした。その声のトーン、その穏やかな語り口が一瞬にして私の尖った気持ちを柔らかくさせた。周囲の空気も少し和んだようだ。
お互い、心ならずも不愉快な思いでいる中で、他人に対して、自然にこんなに心配りが出来るとは
なんて優しい人なんだ!
私からは見えない位置にたっている人だったので、顔を見ることはできなかったけれども、
きっと美しい人に違いない。
万が一そうでなかったとしても、
とてもかわいい人に違いない。
状況が状況なら、交際を申し込んだかもしれない。

だが、彼女は職場でも好かれていて、きっとライバルは多いに違いない。それに、電車の中でいきなり声をかけるような人間をご家族はどう思ってくれるのだろうか?
・・・・・・・・
お〜っと、ここまで想像を逞しゅうせんでも良いのだった。
(^_^)
[PR]
by hiroi22 | 2005-07-04 22:52 | じっと思う

ブログパーツ

  • →:次の記事へ
  • ←:前の記事へ
  • Home:このページの先頭へ
  • End:最後の記事へ

最新のトラックバック

「オバマファクター」米国..
from 米流時評
シティバンク危機脱出!連..
from 米流時評
経済氷河期に春一番? C..
from 米流時評
警告!北朝鮮が即時臨戦態..
from 米流時評
作家フォーサイス 次の小..
from 米流時評
「事実は小説よりも奇なり..
from 米流時評
オバマのマンモス再生予算..
from 米流時評
ウォール街の真冬はいつま..
from 米流時評
ウォール街ブリザード!ダ..
from 米流時評
自由への厚い扉/エジプト..
from 米流時評

リンク

タグ

(119)
(60)
(49)
(45)
(45)
(39)
(32)
(26)
(26)
(24)
(16)
(15)
(14)
(12)
(10)
(9)
(8)
(8)
(5)
(2)

ライフログ


青の時代


オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える


風味絶佳


Antonio Carlos Jobim's Finest Hour


セゴビアの芸術

カテゴリ

全体
じっと思う
ずっと思う
Macintosh
iPhone

検索

以前の記事

2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
more...

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧